<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

反省と欠点の関係

反省というのは欠点を無くそうとすることではなく、
欠点と共にどう歩んでいくか考えることだと、あたしは思っています。

欠点と言うけれど、それも自分の一部。
自分自身。

無くそうとすると、逆に苦しくなるだけです。

必要なのは、同じ問題を起こさないようにすることでしょ?
同じ問題を起こさないことと欠点を排除することとは、イコールではありません(*^_^*)






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-06-23 12:51 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

自由についての考察 : その2

「自分は好きなことだけやっているから自由だ」
と言う人がいます。

これは、本当は自由とは言えない。

「好きなことだけやる」=「嫌いなことはやりたくない」という、
エゴに支配されている状態だからです。

……というようなことを誰かが言ってたな。
精神科医の大学教授だったか(笑)。

真に自由であれば、物事を好き・嫌いの感情から離れ、
かつ他人の価値観に左右されず、その時必要なことを自らの思考によって選択できる。

本質は、自分とは何かを見つめることにあるのかもしれませんね。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-06-12 17:46 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

自由についての考察 : その1

自由とは「自(みずから)を由(よし)とする」と書きます。

由の意味は『いわれ、わけ』など。
「理由」の由でもあり、音霊はヨシ=良しにも通じる。

だからつまり、
「自分は自分らしく歩けばいい」ってことかな。
バカボンのパパの「これでイイのだ」が、まさにそれですね。

自由とは条件から成立するものではない。
どんな状況でも、自分の心を解き放てばすぐに自由になれる。

そういうことだと思います。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-06-12 17:27 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

学びに最適な瞬間

問題が起きた時こそ、学びに最適な瞬間であるということ。

嫌だなあと感じた出来事に対して
「その出来事は自分に、どんな美徳を見せてくれているのだろう?」
と考えることが重要です。

「何⁈ マゾなの⁇」と言わないで(笑)。

嫌だと感じたり、怒りを覚えたりすると、その出来事を相手や周りの環境のせいにしがち。
「いやいや、実際そうだから‼︎」と言いたくなるでしょうね。

でもね、本当は自分というものを映してくれているに過ぎないのです。


一昨日起こったこと。
それは私が未来のために明確な境界線を設定しようとして起きた争いでした。

境界線の設定はどうしても譲れないことでしたが、
最後まで平和的に話し合うためには
相手への「尊敬」と、少しの「忍耐」が必要だったなあと思います。

尊敬というのはなにも、へりくだって相手の言いなりになることではない。
上下関係ではなく、互いが内側に持つ素晴らしいものを尊重し合うということです。

それらのことに注意を払わずに1年以上過ごしてきたせいで、すっかり忘れていました。
この出来事が大切なことに再び注意を向けるきっかけになって、感謝しています。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-06-12 17:05 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る