<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

変革期を迎えています

c0097923_8404829.jpg

今、私は転機を迎えています。

ずっと前からわかっていたことで、
私に心の準備ができていなかっただけ。

強くならなくちゃ。


子どもを理解している者にしか、
子どもの本質を守ってあげることはできないのです。
子ども達が自由に羽ばたけるように。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2010-06-26 07:43 | ◆ 子育て観

おじゃましました!

c0097923_4544355.jpg


昨日、前の小学校の運動会へ遊びに行ってきました!
お天気に恵まれて良かった^^
みんな元気そうで、
子どもも私も、懐かしい顔に出会えてとても嬉しかったです♪

皆さん、ありがとうごさいました。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2010-06-06 04:54 | ◆ 日々の暮らし

優しさ

先日の家庭訪問の折に気づいた、
『子供の気持ちを汲んで先にやってあげていたことが、
結果として子供の自立を遅らせていた』こと。


ルナ〔4番目〕は言葉を引っ込めてしまって
「解ってくれないんだ!」と怒ることがありますが。

大人でもやっぱり、「言わなくてもわかって」的な態度をとってしまう人がいますね。
私も、その傾向があります。

じゃ、その人を育てた親が人格的に問題あるのかというと、そうでもないのでしょう。
きっと子どもをとても愛していて、子どもによかれと思い育ててきたはずです。

何でも親が先回りして考えてくれるのが当たり前で、
物事はそうあるべきだと思い込んでしまったのかな。


優しさって、なんでしょうね。


家庭訪問でルナに対する反省を話した時、先生が
「でも手をかけられて育ってきたんだなぁというのはわかりますよ。
手をかけられてない子と、手をかけられてる子と、違うのは見ればわかります。」
と言ってくださいました。


大切なことに気づけてよかったなぁと思います。
まだ、これからチャレンジしていけばいいんですから^^






[PR]
by Miss-Lavendar | 2010-06-03 12:20 | ◆ 子育て観

家庭訪問

c0097923_9521537.jpg

昨日はルナ〔4番目〕の家庭訪問でした。
クラスの他の子は保護者が学校へ行って先生とお話をする個別懇談なのですが、
ルナは転校してきて初めての面談なので、先生が家庭訪問をしてくれました。

学校では特に問題もなく、楽しく過ごせているようです。


ルナは特に男の子に、
強い口調で言われると自分を出せなくなってしまうところがあるんです。
つまり、「怖い」ってビビっちゃうんですね。

それから、行為を注意されただけなのに、
「全部私が悪いんだ!」といじけてしまうところがあります。

こちらでもやっぱりそうみたいです。

ルナはまだ、自分の気持ちを正直に相手に伝えるスキルを
身につけられていないんだな、と思いました。


クリスタル〔5番目〕の発達相談で相談員さんから教えていただいたことが、
他の子に対する子育てにもいい気付きになっています。

自分でできない赤ちゃんの頃はお母さんが気持ちを読み取り、世話をしますが、
だんだんと能力が出てきたら、
子ども本人が自分の力でやるのを「じっと待つ」のが肝心。
応援して、時には難しい部分をサポートして。

そして「頑張ったね!」と褒めてあげる。
結果を問う必要はなし。
だって多分、できなかったことを一番よく解ってるのは本人ですから^^

「やればできるじゃない」は、褒め言葉ではありません。
成功しないと褒めてもらえないって、子どもには結構キツイですよ。


やっぱり、子どもに対する信頼かなー。
この子は必ずできるんだ、っていう。

私は心のどこかでルナを信頼しきれていなくて、
「この子は自分で伝えられないから」と決め付けていたんでしょうね。
だから、ルナが自分で伝えることを待たずに、やってあげてしまっていた。

この頃の私は、ルナが自分の言葉で意志表示をするまで待つ、
ということを心がけています。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2010-06-01 10:49 | ◆ 子育て観

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る