<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

否定ではなく、軌道修正すればいいのです

子供が間違いを犯した時、
ルールと責任を教えるのと同時に親がしなくてはならないのは
子どもが何故そこに至ってしまったのか、
その気持ちを理解することだと私は思っています。

いけないことはいけないのだと叱る代わりに子供を断罪して罵っても、
何も解決はしない。

むしろそうして理解しようとしないことが、
子どもを悪い方向へ向かわせる原因になっているかもしれません。


罪を責めるばかりでなく、何故そんなことをしてしまったのか理解してあげて。
あなたの目の前にいるのは、悪い子ではありません。

あなたの助けを待っているのです。





[PR]
by Miss-Lavendar | 2008-11-05 11:23 | ◆ 子育て観

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る