<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人生の目的

大きなことは、難しくて私にはよくわからないけれど
自分の立場で書いてみたいと思います。


ご存知の通り、私は5人の子持ちで、
実は思春期の頃から結婚願望が結構強く、子どもも、持つつもりでした。
男嫌いで女子高に入ったときには「旦那はいらないから子どもだけほしい。」と
友達に話していたくらいです。
なんでだかよくわからないけど、子どもだけは育てたかったんです。

今、子どもを育てていて、純粋に喜びを感じます。
悩むこともいっぱいあります。自分の時間もありません。
それでも、産まなければよかったとは思いません。

最初の子を授かった頃は、“子どもは自分の分身”という意識が強かったです。
でも今は、自分の子どもを“自分のもの”とは考えていません。
自分(や配偶者)の遺伝子や才能を継ぐ者とか、
自分の思いを実現化する対象とは捉えず、
“大切な預かり物”だと思って育てています。

5人も育ててみると、完全に、子どもには変わらない個性があるとわかります。
気に入らないとすぐ泣く子もいれば、
教えなくてもちゃんと人の気持ちがわかる子もいるわけです。
それらは、育て方がどうこうというだけではなく、
もって生まれた『魂の気質』だという気がするんです。



自分の生き方について考える時に、必ず思い出すことがあります。

中学2年生の時、HRだったか、「未来の自分史を書く」ということをやりました。
今の自分を起点にして、どんな夢や目標に向かっていくのか
そのために自分がこれからすること(進学・就職等)を考え、自分史を作っていく
というものでした。

その時、私は最終的な目標を「お嫁さんになること」としました。
誰かと結婚して幸せな家庭を作りたいという気持ちがとても強くて
他の、例えば専門的な技能を身につけるとか、夢のために働くとかいったことは
思い浮かびませんでした。

でもそれを書いている時、担任の先生から
「結婚するから働くのがどこでもいいっていうのはちょっとねー。
もっと具体的に、結婚以外の目標を立てなさい。」と言われました。

その時私は、その言葉が心にひっかかりました。

結婚を目標にするのは悪いことなの?
仕事を持たずに家庭に入る女性は劣っているの?

それはずーっと私の心に居座って、専業主婦としての劣等感になりました。

今は、劣等感はありません。
人として大切なことは、肩書きやお金や地位じゃないってわかったから。

楽しいことも嫌なことも全部ひっくるめて、人生の幸せだと思っています。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2006-10-19 14:54 | ◆ 多感・雑感

人の影響を受けてしまう弱さ

↓の班長さんの話が来たときのことです。

引き受けたものの、なんだか暗~い気持ちになってしまいました。
書類が入った封筒を見るたびに、胸の辺りがとても重かったのです。

ちょっと不思議でした。
昔やったことがあるから大丈夫だと思えるんです。
なのに、なんでこんなに嫌な気持ちになるんだろうなーと考えていました。

とにかく、「嫌だなぁ。嫌だなぁ。」という感情が居座っていたのでした。

ふと、これって私自身の感情なんだろうか?と思いました。
そしてもう一度封筒を振り返った時
「もしかしたら、この気持ちは私の感情じゃなく
この封筒を持ってきたあの人の感情なのかもしれない。」
という気がしました。

そう思ったとたん、あら不思議。
胸の辺りの重たい、暗~い感じがスッとなくなったんです。

「なぁんだ!」
私自身が嫌がってたわけじゃなかったんだ。(@^▽^@)



こうして人の感情に巻き込まれるのはちょっと問題ですね。
自分をしっかり持たなきゃ。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2006-10-18 15:26 | ◆ 多感・雑感

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る