<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

故郷

こきょう、ふるさと、おくに…。
いろいろ言い方があります。

故郷の定義って、なんでしょう?

生まれたところ?
育ったところ?
学校を卒業したところ?
自分の、もしくは両親の実家があるところ?
……。

私の場合は、どれも別々の場所です。
そして、そのどれ一つとして『故郷』と思えない。
もはや今暮らしているこの県が、人生で一番長い場所になってしまいました。
だけど、ここも永住の地ではない気がする…。

中高生の頃には「私の前世はジプシーだったのかも」と思ってました。(笑)
だって、ご先祖にはフランス人もいるし…。

私の故郷はどこ?

昔から持ち続けている疑問です。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-10-22 14:32 | ◆ 多感・雑感

秋の味覚

ゆうべのおかずは、秋刀魚のお刺身~。

今年は秋刀魚が豊漁で、とてもお値打ちです。
昨日も1尾70円で買ってきました。^^

みんなお刺身がいいと言うので、10尾のうち6尾を刺身に。
残りはわたを抜いて、くさみを抜いてから冷凍。
もうちょっと買ってきてもよかったなぁ。

私は塩焼きが大好き。

三枚おろしの背骨の部分とすきとった腹骨も骨せんべいにします。
剥いだ皮もさっと揚げて。

いつもは残される部分だけど、みんな喜んで食べてくれます。
今日はおやつに出そうかな?






[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-10-22 08:43 | ◆ うちの食卓

畑の恵み

ここは自然が豊かな地域で、少し車を走らせれば有名な観光地があちこちにあり、
家の窓から外を見ると遠くに美しい山並みが見えたりします。
我が家の周りも田んぼで、夏にはたまにホタルを見かけます。

夫の会社にも実家や親戚が農家だとか、中には自分の家でやっているという方もいて、
いろいろと野菜をいただいています。

先日は、キャベツをいただきました。

今年はキャベツが豊作すぎて、値崩れを防ぐために生産調整をしたそうです。
(つまり、かなりの数が捨てられたということです。)

下さった方もご近所から沢山いただいたそうで、
たびたびもらうため余ったり飽きたりして。

うちに分けて下さったのはうちの家計を案じてではなく、
人数が多いからハケるだろうと思ったからなんですね。(笑)

それでも、嬉しいです。

キャベツは5玉いただきました。

今までにいただいたのは、
茄子、胡瓜、大根、セロリ、とうもろこし、あとスイカもあったなぁ。
大きなのを2玉も。

ハイランドスイカといって、市場では高価なんです。
こちらは夫がその方にちょっとお手伝いをして、お礼にいただきました。

そうそう、2年前には大根をた~っくさんいただいたんですよ。
ええと、全部で12本だったかな。
一本、すごく大きくて、当時1歳だったルナ〔4番目〕の背丈ほどのがありました!

大きくてもやわらかくて、大根ステーキにして1本ぺろりと平らげました。
美味でした♪

この次は何のおすそ分けがあるかしらん♪






[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-10-17 17:37 | ◆ うちの食卓

親子クッキング

昨日は、イリス〔3番目〕(小3)のクラス行事にみんなで行ってきました。

クラスの畑でトマトがたっくさん獲れたので、それを使って親子でお料理です。

メニューは
スパゲティ・ミートソース、ポテトサラダ、フルーツポンチ。

収穫後にあらかじめ子どもたちとクラス役員さんでトマトピューレを作って、
簡単に調理できるようにしてくださいました。

この親子クッキング、家でやってることそのままなので気楽に楽しめました。

まずは子どもたちに皮むきを任せます。
ルナ〔4番目〕(3歳)も、りっぱ(?)にピーラーで人参の皮をむきます。

次は野菜のみじん切り。
人参のみじん切りは、子どもにはちょっと難しいので、私が。
玉葱と椎茸はテラ〔1番目〕(中1)とアクア〔2番目〕(小4)にお任せ。

どんどん刻んでいきます。
家から包丁を持ち込んだのですが、前の晩に研いでおいて良かった。
よく切れる♪

もう一つのまな板ではイリス〔3番目〕と同じ班のお友達が、
お母さんのアドバイスを受けながらサラダ用の野菜を切っています。

ニンニクも刻み、テラ〔1番目〕が涙に負けて途中放棄した玉葱も引き受け、
ミートソース用の野菜刻みが完了。

火を使った調理はもう一人のお母さんにバトンタッチして、
私は洗い物係りに回りました。

楽しかったし、お料理も美味しかった~^^

おチビちゃん連れだとつい懇談会など欠席しがちなのですが、
この親子クッキングでほかのお母さん方と少し親しくなれました^^
[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-10-16 11:39 | ◆ 日々の暮らし

ベッピンさんになってね!

パパに似て、まつ毛が長~いルナ〔4番目〕とステラ〔5番目〕。

長い。
こんなに小さいのに私より長い。
そうよ、私は犬のまつ毛。

どう見ても1cm以上あるし
ステラにいたってはバサバサと音がしそうなほど濃い。

いいなぁ。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-10-11 06:12 | ◆ 日々の暮らし

「お子さんはまだ?」と訊く日本人

私は2度結婚を経験し、主婦暦15年、5人の子持ちですが
昔々、初めての結婚でまだまだ初々しかった頃(笑)には、
初対面の相手によく「お子さんは?」と訊かれたものでした。

今でも訊かれますが、驚かれるのが嬉しくて
「5人ですぅー^^」と堂々と触れ回っております。
おかげで有名人。


でも、いろんな方がいるわけです。

お子さんは?」ならともかく、
多少知り合いになってくると「お子さんはまだ
と訊く人がいます。

こんな失礼な事を他人に尋ねるのは、日本人ぐらいだそうです。
個人やプライバシーの尊重がしっかりと確立されている欧米では
たとえ血の繋がりがあってもこんな事は安易に訊かないのだとか。


この言葉を社交辞令だと思ってる人たちの、なんと多いことか。

中には悪意を持ってわざと言う人もいるのです。
『私はちゃんと産めたわよ。あなたはどう?』とでも言わんばかりに。

ため息が出ます。

一人生まれて安心していても、「2人目は?」。

女の子だったら「次は男の子ね。」
いいじゃん。女の子バンザイ! 可愛いよー。(笑)

かくいう私、かつては母親から「一人じゃ可哀想よ。」と言われ、
変な脅迫感によってかえって妊娠せず、
出来たかと思えば流産したりして一人目と2人目の間があきました。

あせったり、思いつめたりするのは良くないです。


理由があって子どもを持たないと決めた人。
子どもを望んでいるのになかなか願いが叶えられない人。
それぞれです。

廃止されたはずの「家」制度が
こんなところにもまだ影を残しているんだなぁと感じます。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-10-10 18:51 | ◆ 多感・雑感

医者にできること・自分でできること

数か月前、月のものが来ず『え~!? 6人目かぁ?』と心配になった事がありました。
↑ 違いました(笑)。

産婦人科に行きましたが、妊娠反応はマイナス。

『生理不順』ということで、ホルモン充填の注射をされ(多分、黄体ホルモン)、
同じくホルモン薬を出されました。

でもね、それから約1ヶ月半もの間、体も心も不安定になってしまったのです。

女性というのは非常にホルモンに左右されるんだそうですね。
生理前にイライラしたりするのも、女性ホルモンの影響。

ホルモン自体はとっても微量なんですって。
その微量な物体に、心まで左右されてしまうなんて。

それから3日後に生理がきて、
なんだ、病院に行くことなかったじゃんと思ったけど
なんかやたら量が多いし、痛いし。

終わったと思ったら数日後また出血。
不正出血なんて生まれて初めて。

また病院に行ったら、今度はまた別のホルモン注射をされ
(多分、卵胞ホルモン)、止血剤を出されました。

この頃には精神的にも不安定になっていて(うつじゃないのかと悩むほど。)
先生に対し、「事務的で冷たい」って悲しくなってしまいました。

後から、それはホルモンがアンバランスになったせいだと気づきました。


生理不順なりにも、私のリズムがあったんだなぁと。

自分のリズムを崩された。
どうしても、そう思えてなりませんでした。


先日、ある健康食品の広告が目に留まりました。

普段はスルーしますが、
婦人科系の悩みを解決する食品だったのでなんとなく読みました。
(でもやっぱり買いません。笑)

そこには「医者にできること」と「医者にはできないこと」が書いてありました。


医者にできることは、それぞれの症状に対処すること。
生理不順ならば、ホルモンの充填をする事が医者にできること。

それに対し、
女性ホルモンが定期的な生理周期を作るように体のリズムを整えるということは、
医者にはできないこと
だと。

解っていたようで、解っていなかったことでした。

医者にしかできない事はあります。
けれど病院に行く前に、健康な体を作るのは自分なんだって事です。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-10-03 16:48 | ◆ 体と健康

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る