カテゴリ:◆ 子育て観( 31 )

私も成長中です

もう少しで1歳3ヶ月になるステラ〔5番目〕が、もうかわい~☆のです。
話が理解できて、「うん」と頷いてお返事をします。

昨夜も、私がルナ〔4番目〕に「お茶飲む?」ときいたら
ステラ〔5番目〕の方が「うん」と返事をして、
目の前にあったコップを持って冷蔵庫の方へとことこ歩き始めました。


自分の子供が無条件に「かわいくてしょうがない」と思えるようになったのは、
イリス〔3番目〕が生まれてからです。

テラ〔1番目〕の時は「ちゃんと育てなきゃ」という気持ちが強くて
全く余裕がありませんでした。
頼れる人もいなかったし、頼る方法も知らなかった。

神経質に育てれば、神経質な子が出来上がります。

些細なことが気になって、不安で、相談することもできなくて、
まるで子育ての実験台のようになってしまったテラ〔1番目〕。
ホント申し訳ないなぁと思います。

「子どもが1人から2人になれば愛情は半分になるのではなく、2倍になる。」
というコメントを何処かで目にして、そんなこと信じられない、と思いました。

今あるこの愛情が、2倍にふくれ上がるってこと?

だって、今でも努力してやっと愛してるのに。

テラ〔1番目〕に、私はしょっちゅう手をあげていたのです。
やめようと努力していても、カッとなると手が出ていました。
どうしたら自分を止められるのか、悩んでいました。

アクア〔2番目〕が生まれて私の気持ちはそちらへ傾き、
なかなかテラ〔1番目〕をかわいがることができなかった。

自分自身が妹や弟との『差』を感じ続けて育ったので自分はしないと決めていたのに、
気持ちの中では平等にならず、苦しかった。

平等な愛情が自然には湧いて来ないので、
理性で平等に接するように、自分をコントロールしていきました。

笑顔を向けるときも、抱きしめるときも、3人同様に。
これでいいんだろうかと思いながら…。


そうして意識して平等に接することは、確実な効果がありました。
意識して抱きしめてきたら、自然に可愛いと思えるようになっていたのです。

女は、手で触れるものを愛するようにできているのだそうです。
気が付いたら「どの子も可愛い」と言えるようになっていました。


愛情は半分になるのではなく、2倍になるの意味。

2倍にふくれるんじゃなくて、2個になるんだなぁって。
注いだ愛情はそのまま、次の子にも新しく愛情が生まれてくる。

みんな、ありがとう、こんな未熟なお母さんのもとへ生まれてきてくれて。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2005-08-14 09:14 | ◆ 子育て観

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る