カテゴリ:◆ 多感・雑感( 82 )

ニュートラル

最近、クリスタルが
「ニュートラルってどういう意味?」
と時々聞く。

あまり考えずに使っている外来語、改めて考えると「えっ?」と思う。

手元に辞書がないので、
自動車のギアを思い出しながら日本語で似たニュアンスの言葉を探して
「うーん、真ん中、どっちにも行ける、でもどちらにも属さないって意味かなあ?」
と答えた。

ネット辞書によれば『中立・中間』だそうだ。
合ってるじゃない(笑)。


私は『中庸』という言葉が好きだ。
中庸は中間とは違うけれど、ニュートラルは中庸と少し似ている。

自身も中庸でありたいと常に思っているから、最近は自分の中から必要のないもの、
特に執着を手放す作業が続いている。
そう、私は『無執着』という言葉も好きだ(笑)。

クリスタルがいいタイミングでニュートラルの意味を尋ねてくれるので、
私はそのたびに襟を正す機会をもらっている。

それにしても、時々同じことを尋ねられるのは私の説明が小2のクリスタルに
合ってないから、彼はまだ意味がわかってないってことだよねσ(^_^;)
鍛錬しなきゃ。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2015-05-23 05:51 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

セレンディピティー

『セレンディピティー』
幸運をつかむための、能力とチャンスの到来を形容する言葉。

幸運をつかんだ人たちは、転機について語る時に口を揃えて言います。
「そこには必ず偶然の必然(チャンス)があった」と。

「あの日、あの時、あの場所で…」という、あれです。


だけどその偶然のチャンスも、気づかなければ、つかめなければ意味がない。

偶然のチャンスは誰にでも公平に散らばっています。
なのに、幸運をつかめる人とつかめない人とがいるのはなぜでしょう?


違いは、こだわって決めつけることにあるのです。

偶然のチャンスを生かすには、こだわりを捨てて広い心で受容すること
自分が決めた条件以外は受け入れない、とこだわったとたんにチャンスは激減します。

幸運をつかめない人は、一見チャンスとは思えないそれを
「これはチャンスではない」と振り落としてしまうのです。


初めに望む条件と一致してたとしても、物事は変わっていくもの。
結婚なんてまさにそうじゃないですか?

この世は「瓢箪から駒」が起こる場所なのです。
だったら、条件を限定することにどれだけの意味があるのでしょう?

変化するのは相手かもしれないし、もしかしたら自分の方かもしれない。
その予測不能な変化を楽しんで受け取れる人が、幸運をつかみ取っていきます。


幸せになる前に幸せの形を自分で決めてしまうのは、
人間のエゴなんですよね(*^^*)






[PR]
by Miss-Lavendar | 2015-04-13 10:14 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

都会に大雪が降るとき

4月の雪。

5年前にもあった。
八王子に引っ越してきたばかりの時で
「こっちでもまだ降るんだ〜?」
と驚いたのを覚えている。


今朝はなかなかバスが来なかったらしい。
雪に変わったからバス会社が様子見したか?
それとも雪に慌てて車通勤をやめた人でバスがあふれたか?

雪に降られ慣れてない人には、今日の雪がどの程度のものなのかわからないようだ。

雪の状態・気温・時期(昨日までの気候)を考えれば、
この雪は路面には積もらず溶けるし、昼の間にまた雨に変わると判断できる。

でも経験がない人にはそれも仕方のないこと。

もっとも雪国では冬は皆、冬タイヤを実装してるし、
遅霜が降りる頃までは外さないが。


せめてメディアが、本当に「わかる」人の見識を真摯に取り入れて、
人の不安をあおる放送をやめれば社会の混乱も減るのに、と思う。

人も不安という感情に支配されるのではなく、もっと思考を使って冷静に、
そして思いやりを持って行動すれば、混乱なんて起こらない。

震災後にも思った。
エセ有識者はいらない。
なんにつけてもね。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2015-04-08 09:33 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

歌に罪はないんだけども。

誤解を恐れずに言うならば、
私は「花は咲く」という歌はあまり好きじゃない。

この間、乙武さんが日曜の朝の番組で言っていたが

「僕がチャリティー番組に出たら、なんか違うと思うんですよ。
(世の中に)障がい者ではない、頑張っている人達がたくさんいて、
でも僕が出てしまうと障がいのある人ばかりが大変という狭い見方に
なってしまうので、それは違うと思うので
オファーが来てもお断りさせていただいてます。」

その発言と同じ視点で。

いや、もちろん私だって、懸命に生きている人たちの、力になれることをしたいと思ってます。

でもね、
歌いました、歌を購入しました、売上がチャリティーになりました、
それで安心してない?
それで助けてるつもりになってない?って。

天邪鬼だからさ、そんな風に考えちゃう。

【これがあるから安心】
そう思ってそれ以上深く考えなくなるのは、少々危険なことだと思う。
いつの間にか状況が変わっても気付かず、大事なことを見落としてしまうから。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-12-18 09:06 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

引きこもり現象を観察する

引きこもりたい
誰にも会いたくない

って思うのは

今の自分を恥ずかしいと、
誰にも見せたくないと、思うから


こうあるべき、という、

どこの誰が作ったんだかわからない、
本来の自分とは違う価値観と自分を比べて

お天道様の下を堂々と歩くのは恥ずかしいと


そして、恥ずかしいと感じる自分を
観察している自分が存在する

自分は、自分の肉体そのものではなく
自分は、自分の感情そのものでもなく
自分は、自分の思考そのものでもない

真の自分とは
肉体や感情や思考と同一ではない、
その全てを別の次元から観察している存在


それに気づけば
今、自分が苦しいと感じる気持ちや考えが
自分と同一ではないということに気づく






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-12-16 12:48 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

いつまで、その人に『ダメな人』でいて欲しい?

「誰か」の欠点にフォーカスして見たり、
見つけた「誰か」の欠点を噂したりするのは

「誰か」より自分の方が優れていると思いたいから。



誰だって時々まちがう。

昨日、その失敗をしたからって、
明日も明後日も同じ失敗をするわけじゃないのに、
「誰か」の失敗を決定的なことのように噂するのは

その「誰か」に
明日も明後日も同じ失敗をするダメな人でいて欲しい

と潜在意識で思っているということだ。


その「誰か」がずっとダメな人でいる限り、
自分はその「誰か」より優れた人でいられるからだ。

(ただし、自分が優れていられるのは自分の意識の中でだけ。
他の人がどう思うかは、他の人自身が決めることだ。)



それはつまり、自分がこき下ろしているその「誰か」に

依存している

というのがおわかりだろうか?


見下しながら、その「誰か」について話すことでしか
自分の存在価値を証明できないのだ。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-12-15 11:44 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

幸せはどこから来るのか

人間を不幸に繋ぎとめているのは

「今のままの自分では幸せになれない」
と感じ

「いつの日か幸せになりたい」
という思いを持ち続けていることです。


幸せを感じとる時(とき)は「」。
幸せなのは「ありのままの自分」。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-11-16 18:26 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

アウシュヴィッツ平和博物館にて

e0040266_126253.jpg




私たちは、自分の脳を使って、深く考えなければいけない。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-10-18 16:12 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

決意すると

人は、変わると決意した瞬間から変われます。

変わるには時間をかけなければならないという法則はありません。


「そんなにすぐに変われない、時間が必要」と言う人は

『私は変わりません』

と宣言をしているのと同じです。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-10-07 20:03 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

光と、闇と、両方必要

光(ポジティブ)だけ、あるいは闇(ネガティブ)だけで、
存在していくことはできない。

光(ポジティブ)と闇(ネガティブ)は、表裏一体。

必要なことは、光と闇とを包括してその中間で調和とバランスをとるということ。


光だけで存在していこうとするのは
あるはずの闇を無理して排除しようとしていることだから。

トリガーが引かれると
光と反対側の闇が一気に流れ込む。

そうして精神と身体のバランスを崩す。
(ネガに堕ちる)

あるのに、見ない。見ようとしない。
だから均衡が取れない。


やっと、わかった。

そういう、仕組みだっただけ。
闇も存在すると、受け入れればいい。

そのために、この悲しみは何度も私を訪ねてきた。


いつか言われた
「あなたに背を向けた人達にも愛を」という言葉。

あなたに背を向けた人達、とは、私の中の闇。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-10-02 04:07 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る