2016年 10月 16日 ( 1 )

おしゃべり


 よかったらBGMに。



女というのはおしゃべりが好きだ。
特にオチもなく、答えも求めず(時にはアドバイスを拒否し;笑)、
頭に浮かんだことをひたすらしゃべり続ける。

実はその裏側では感情と思考の整理が行われていて、
声にして外に出して自分の耳で聴いてみて、
そこから『ああ、そうか』と気づきを得ていたりする。

まあ要するに、
女は男よりも客観的に物事をとらえるのが上手ではない、ということだ。
おしゃべりはその、主観的に見ている事柄を客観的な位置に置きなおすという、
結構重要な役割を持っていると考えていいと思う。


私は普段、SNSも含めてあまりおしゃべりをしないので、
大抵、自分の中で考え、時には自分に問いかけて対話している。
タイムラインでつぶやくのはおしゃべりの代用みたいなものだ。
文字にして目で再確認して、ぐるぐる思考の歯止めにする。

感情がこんがらがっている時はセルフカウンセリングをする。
一つ一つ丁寧に感情をすくい上げ、質問し、
自分で自分に共感をして寄り添っていく。

(セルフカウンセリングのコツは、自分の外に原因を探さないこと。
目的は問題の解決ではなく、
自分の感情と、その感情が生まれる内因を見つめることにある。)

セルフカウンセリングができるようになると、かなり楽だ。
なまじ人に話すと、相手の価値観で判断されていらぬ傷が増えてしまったり、
余計な干渉を受ける羽目になったりする。



でも。

そのセルフカウンセリングすらできないほど混乱して弱りきっている時。
やっぱり誰かに聴いてもらうことが一番だなと感じてる。

ただ聴いてくれる、共感してくれる、寄り添ってくれる人がいるって
なんて幸せなこと。


こちらに気づいて言葉をくれた優しさ。
見ていてくれたんだと嬉しかった。

君の存在に、私は救われている。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2016-10-16 23:38 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る