2016年 10月 06日 ( 1 )

10年。


e0040266_11222855.jpg



ブログタイトルにガーデンと入っているのだけども、
私の最近はもっぱらインドア。
理由は暑いからである。

東京に来て6年半。
慣れてはきたがやっぱり湿度の高い暑さは苦手だ。
本当は外に出て、庭の草刈りもしないと相当やばいことになっている。
(すすきが花盛り。。。)
が、暑いのと蚊で
(全身くまなく虫よけミストを振りかけないとあっという間に蚊の餌食)
ついつい先延ばしにしてしまっている。


このブログももう10年経ったんだよね~。
正確には11年。
10年後にこうしているなんて想像もしていなかったな。


過去に「10年後の自分」という記事を書いてる。

あの頃はモラハラの真っただ中にいた。
それがモラハラだと知らなくて、どうすれば幸せになれるのか
毎日毎日もがいていた。

『悪いことじゃなく良いことを数えるようにしよう』
『相手を変えようとするのではなく自分が変わっていこう』

幸せは自分次第、心の持ち方一つ、そう考えて、
与えられていることに気づいて感謝しなければいけないと。

そして10年後も今のまま幸せにと、そう思っていたんだ。

その考え方は、基本、間違っていないと今でも思っている。
だた、当時は…あまりにも自分で自分を粗末に扱いすぎていた。

マインドコントロールされ奴隷のような扱いを受けているのに、
まだ、自分がいけないんだ、自分の何かが足りないんだ、と。
自分を踏みつける相手に向かって
努力しますからどうかお役に立たせてください、と。

経験ない人には全く理解できない心情だろう。
(でも経験者はものすごく、うん、うんとうなずくに違いない。)


2度目の離婚をして5年。
元夫とは数か月に一度、子ども達がパパと出かける時に顔を合わすくらい。
いつの間にか前のような恐怖を感じることもなくなった。

実はその間、婚活も少々してみたりしたが、
結論、
自分はそもそも結婚に向いてない人間なんだというところに落ち着いた(笑)。

でもなんとか暮らしている。
ありがたいことに、ようやく自分らしいやりがいのある仕事にも出会えた。
その仕事については後日書こうと思う。


自分らしくいるって、どういうことだろうね。
そこにエゴがあってはいけないと思うんだ。

自分の欲で思い通りにする“自分らしさ”じゃなくて
自分以外の存在(人間だけじゃないよ)への思いやりは常に忘れないでいたい。

でも私はまだまだものの見方が偏っていて、
時々その思いやりの持ち方を勘違いしてしまう、この歳になっても。
それをトラブルという形で教えてくれた人たちには本当に、感謝している。
重大な気づき。
相手があって初めて可能なこと。


無理をしないで、でも周りよく見て。
自分らしく生きてく。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2016-10-06 12:04 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る