子育ての上で最も大切なこと

前にも書きましたが、私は子育てで最も大切なことを
子どもの心を理解することだと考えています。

これは難しいことです。
なぜなら、受け止めることと甘やかすことは違うし
しかもその境目ははっきりしない。
そして子どもはいつも本音を話すとは限らないからです。

親として見極めることが、最も難しいのだと思います。

その子育てで、夫と意見が食い違って悩んでいた時
いつも来てくださるゆかりさんのブログ(『まいにちが、たからもの。』)で
共感することの大切さを再確認しました。 →ここです。

教育者として仕事をする人たちは、さすが、このようなことを学んでいるんだなぁと
感心しました。
それと同時に、
これからは親も意識してこのようなことを学ばなければいけないのではないか
と思いました。


子どもを産みさえすれば、誰でも遺伝子上の親にはなれます。
だけどせっかく親になったのですから
生まれるがままに、育つがままにただ“親”でいるのではなく、
子どもが健全に育っていくために、親も意識して勉強をしていかなくちゃ。
私はそう考えます。

そして、願わくば社会の中に、そういったシステムが確立されればなぁと思います。
考えたい人だけが考えればよい、ではなくて
未来の担い手を養育するための義務として、
ひいてはそうすることがあたりまえの意識へと定着していったなら、
虐待やいじめや、自らの命を絶つようなことがなくなるのではないかと、

希望も込めて、私は考えています。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2009-02-07 15:33 | ◆ 子育て観

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る