みんなちがって みんないい

c0097923_941922.jpg

『みんなちがって、みんないい』

私は、金子みすずさんのこの言葉が大好きです。
私の子育てのテーマでもあります。


クリスタル〔6番目〕に何らかの発達障がいの診断名が付いたとしても、
それでクリスタルが変わるわけではありません。

クリスタルは、クリスタル^^

むしろ、診断が付くことで役に立つ支援が手に入るのであれば、
それはとてもラッキーなことだと思っています。


発達障がいの子どもに良いとされている手法は、
いわゆる普通の子どもにとっても、良い方法なのだそうです。
(普通? 普通ってなんだろう;笑)

本当は、全ての子どもたちがそのようにケアされながら育っていけたら
素晴らしいですね^^



クリスタルはとっても楽しくてかわいい子です。
(もちろん、他の子もね☆)

人なつっこくて、おもしろいことをいっぱいしてくれて、
「大好き」という気持ちを言葉の代わりに身体で表現してくれます。
それはハグだったり、
チューだったり、
手を握って自分の方へ引き寄せたり、
にこにこと笑いかけたり、
優しい手でなでなでしてくれたり。

ずーっとそばにいたい、という気持ちにさせてくれる子です。


私は、クリスタルが何を伝えようとしているのかが解るようになりたいです。
それと同時に、私や家族以外には伝わらないクリスタルの気持ちを、
これから出ていく人間社会(保育園や学校)の中で
クリスタルが自分で他人に伝えられるようになるために、一緒に勉強していきたいです。

だって、自分で伝えられるようにならないと、
今の人間社会では、クリスタルの素晴らしさが理解してもらえないもの。

親がわかっているから良い、ではその先のハードルを越えるのがとても難しいと
いうことを、先日の発達相談で教えていただきました。


とても大切なことを気づかせていただいた。
そのことに、大きな感謝です^^






[PR]
by Miss-Lavendar | 2010-05-31 11:17 | ◆ 子育て観

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る