バラの花

食料品のお買い物に行ったら、お花がとても安く売られていたんです。
しかも、たくさん。
特にバラが多くて、色とりどりの花束が並んでいました。

よく見ると花が傷みかけていて、「ああそうか、こんな大雨・洪水の天候が続くから
花だってダメになっちゃう前にとにかく出荷されたんだな。」と思いました。

この地方は花卉農家も多いんです。
10本くらいで200円で売られていて、普段の半分以下の値段です。
でもこんなに安いのにあんまり売れていなくて、お花が気の毒になってつい一束買ってきました。

e0040266_1550283.jpg

写真が暗いので色がわかりにくいんですが、ピーチピンクのバラです。
華やかなピンクより、優しいアプリコットやピーチピンクが好きなんです。
一緒に活けているのは、庭に咲いている紫のモナルダ。
(モナルダはベルガモットとも呼ばれます。
ベルガモット・オレンジに香りが似ているからだそうです。)

e0040266_14195760.jpg

私は山野草風の小花がたくさん咲く草花が好きなんですが、バラだけは別。
バラは一番好きな花です。特に、香りのあるバラが気になります。
このバラの品種はわからないけど、鼻を近づけるとほんのりティーの香りがしました。
セロファンの中でぎゅうぎゅうになっていたので、
取り出すと花びらがふわっと広がって。

ティーローズとモナルダの香りが不思議な芳香。玄関に置いてあります。
少し花が傷んでいるのでどれくらい持つかわからないけど
優しい色と香りで楽しませてくれます。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2006-07-26 08:37 | ◆ 庭

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る