シュバルツバルター・キルシュ・トルテ

の、できそこないです(笑)。

恥ずかしいんですけど、でも思い切って載せます!

e0040266_1165293.jpgクリームがちょっと
ゆるかった。

8分立てにしたつもりが
   “7分半”
くらいだったみたい。

我が家のケーキ担当は2年前から長女になっているので
私がケーキを作ったのは……1年ぶり?



“シュバルツバルター・キルシュ・トルテ”は、ドイツのお菓子です。
シュバルツバルトはバイエルン地方にある「黒い森」のこと。
キルシュはドイツ語で「さくらんぼ」です。
さくらんぼが豊富に取れる黒い森をイメージして生まれたデザートのようです。

このシュバルツバルター・キルシュ・トルテがフランスに伝わり
フランス語で「黒い森」という意味の“フォレノワール”が生まれたとか。
二つのケーキは、材料も作り方も似ています。


e0040266_1111760.jpg

おチビさん達が待ちきれないので、私はざくざくと切ってしまいますが
切る時にナイフを熱湯で温めて水気を拭いてから切ると
綺麗に切れます。
1カットごとに汚れをふき取って、また熱湯で温める、という作業を
繰り返しながら、プロはケーキをカットするそうです。

うちじゃそんな時間と手間のかかること、みんな待っちゃくれない(笑)。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2006-02-17 11:34 | ◆ うちの食卓

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る