10年後の自分

このブログを始めた時、やっぱり私は「わかってほしい」という思いが
強かったなぁと思います。

幸せな暮らしなんだけど、夫婦の間には性差やバックグラウンドの違いがあって、
お互いに微妙なニュアンスとか心の綾とかが伝わらなかったりして。

ブログなら、どこかにわかってくれる人がいるんじゃないかってそう考えていたかな。

今はそんな気持ちがどこからくるのか理解できて、
当初の動機とはかなり違う心構えになっています。

だから、最初に「こんなことを書こう」「あんなことも書こう」と思ってたことも
今はあまり書く気がしなくなっています。


私は書くことが好きです。

以前は、物書きになりたいと思っていました。
思春期には漫画家とか女優さんとか、有名になる仕事を夢見ていました。
そして、自分を馬鹿にした奴等を見返してやる、と思ってた。

でも今は、その職業に全く心惹かれないのです。
気付いたからです、なりたい動機が「心の飢え」だったことに。
その飢えは満たすことが出来ると解ったら、渇望する必然性が無くなったのです。

書くことは好きだけど、別にそれで有名にならなくてもいいなぁと。


結婚して、社会進出欲というか、こう、貪欲に進もうという気持ちがパタッと無くなって、
不安になったことがありました。
幸せボケして貪欲さを無くしたんだろうかと不安になりました。
私は社会で言うところの「向上心の無い女」になったんじゃないのかって。

でもある本に「10年後も今のまま幸せに、と願うことも立派な目標です」
と書いてあって、目からウロコでした。

今は日々の暮らしに全てがあって、
夫と衝突したり、子どもに手を焼いたり、自分の成長具合にガッカリしたり、
そんなことも人間くさく、とても大切でいとおしいと感じている毎日です。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2006-02-10 08:57 | ◆ 多感・雑感

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る