伝える

伝えたいことがある時。

役に立つのは話し方の技術じゃなく、
実は相手への思いやり。

ま、相手への思いやりを取り入れる技術、と言えるかもしれないけど。



自分が楽しかったー、悔しいーをそのまま話したり綴るのでは、自慰でしかない。
ましてや自慢などもってのほか。

自戒で書いてます。反省。


自慰は隠れてするもので、公共の場で堂々とやっちゃいけませんわな。

つぶやき程度ならいいと思うけど、
聞いてる(読んでる)側にとって[役立つこと][共感できること]がなければ
「だから?」
「あーあ、時間を無駄にした。」
としか感じられない。

次も聞きたい、読みたいとは思えなくなる。


偉い人の挨拶がひどく退屈なのも道理。
長いせいじゃない。
本人はとうとうと自分の思いを押し付けるばかりで、
聞いてる側にはメリットを感じられないのだから。

役に立つ、興味を引く内容の講演会は2時間でもあっという間でしょ?


オンラインゲームではチャットによるトラブルが絶えないのだけれども、
そもそもそういった、相手を思いやるコミュニケーションスキルに乏しい人達が
自然と集まる場所だから、ドラブって当たり前なんだな。


受け取ってもらうのが目的。

「自慢は嫌がられますよ」と言えばムッとされるけど、
「相手が欲しい情報を盛り込むと聞いてもらえますよ」と言えば、そうか!と考えてもらえる。
(自慢したがる人は聞いてほしいわけだから。)

相手にとって役に立つ、相手が共感できる言い方に変換して、
自分の目的を伝えるようにしよう。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2015-11-06 09:35 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る