新学期になり。

クリスタル〔6番目〕、2年生になり頑張っています。

新学期で担任や学校の生活が去年と変わり、クリスタルは学校の流れに
ついていけてないようで不協和音が聞こえてきます。
もうすぐ運動会なのもあって先生方もいっぱいいっぱいなのかな。

前の日とか朝の会で、今日一日の予定をある程度まで説明しておいてもらえると、
前もって見通しが立てられるので流れに乗りやすいんですけどね。
多分、先生方にはあまり時間の余裕がなくて、
なるべく簡潔に済ませたいのだと思いますが。

このやり方は普通の子にだって有効な方法だと思いますよ。

時間割にただ教科名だけ書いてあっても実際には何をするのか、
子どもにはイメージできません。
予めイメージできることとイメージできないこと、どちらがよりうまくできるかは
明確ですね。

先生の頭の中にだけあるものを、見える形で示してもらえると
ありがたいなあと思います。


目に見える成果はあまりないけど、苦手な事柄ばかりの中、
毎日学校に行ってるんだから頑張ってるなと思います。
だって彼は学校が嫌いなわけじゃないからね。

色んな理由でもしも不登校になったら、きっと彼は
「俺は失格だ!」と自分を責めると思う。

それでも苦しいだろうから、私は心の中で「(負けないで)頑張れよ」と応援。

結果にばかり注目しないで、頑張って耐えたり、努力している気持ちに寄り添う。
『やればできる』は褒め言葉ではなく、子どもを追い詰める言葉だと知ってください。

あれがCMで流れるのは、ちょっとやめてほしいんだよな〜。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2015-05-20 09:41 | ◆ 子育て観 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る