セレンディピティー

『セレンディピティー』
幸運をつかむための、能力とチャンスの到来を形容する言葉。

幸運をつかんだ人たちは、転機について語る時に口を揃えて言います。
「そこには必ず偶然の必然(チャンス)があった」と。

「あの日、あの時、あの場所で…」という、あれです。


だけどその偶然のチャンスも、気づかなければ、つかめなければ意味がない。

偶然のチャンスは誰にでも公平に散らばっています。
なのに、幸運をつかめる人とつかめない人とがいるのはなぜでしょう?


違いは、こだわって決めつけることにあるのです。

偶然のチャンスを生かすには、こだわりを捨てて広い心で受容すること
自分が決めた条件以外は受け入れない、とこだわったとたんにチャンスは激減します。

幸運をつかめない人は、一見チャンスとは思えないそれを
「これはチャンスではない」と振り落としてしまうのです。


初めに望む条件と一致してたとしても、物事は変わっていくもの。
結婚なんてまさにそうじゃないですか?

この世は「瓢箪から駒」が起こる場所なのです。
だったら、条件を限定することにどれだけの意味があるのでしょう?

変化するのは相手かもしれないし、もしかしたら自分の方かもしれない。
その予測不能な変化を楽しんで受け取れる人が、幸運をつかみ取っていきます。


幸せになる前に幸せの形を自分で決めてしまうのは、
人間のエゴなんですよね(*^^*)






[PR]
by Miss-Lavendar | 2015-04-13 10:14 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る