いつまで、その人に『ダメな人』でいて欲しい?

「誰か」の欠点にフォーカスして見たり、
見つけた「誰か」の欠点を噂したりするのは

「誰か」より自分の方が優れていると思いたいから。



誰だって時々まちがう。

昨日、その失敗をしたからって、
明日も明後日も同じ失敗をするわけじゃないのに、
「誰か」の失敗を決定的なことのように噂するのは

その「誰か」に
明日も明後日も同じ失敗をするダメな人でいて欲しい

と潜在意識で思っているということだ。


その「誰か」がずっとダメな人でいる限り、
自分はその「誰か」より優れた人でいられるからだ。

(ただし、自分が優れていられるのは自分の意識の中でだけ。
他の人がどう思うかは、他の人自身が決めることだ。)



それはつまり、自分がこき下ろしているその「誰か」に

依存している

というのがおわかりだろうか?


見下しながら、その「誰か」について話すことでしか
自分の存在価値を証明できないのだ。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2014-12-15 11:44 | ◆ 多感・雑感 | Comments(0)

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る