子どもが出しているサ​イン

c0097923_10224839.jpg



昨日、ルナ〔3番目〕のお友達のお母さんと話をする機会がありました。
共通点があったり、共感できることがあったり、楽しいおしゃべりの時間でした。

このごろよく感じるのは、
子どもに何か問題がある時、それは子どもが悪い子なんじゃなくて、
親へのサインを出しているだけだ

ということです。

昨日も、「そう、そうなんだよね」とうなずき合いました。


子どもはエネルギーが足りなくて、
『足りないよ! もっと欲しいよ!』
と、無意識にサインを出しているだけなんです。

食べることやお金で買える物などの物質面だけで心を満たすことはできません。
認めてもらうこと、話を聞いてもらえること、そして笑顔、そういったもので
人の中にはエネルギーが増えていきます。

これらはとても大切なこと。

「いつも頑張っているね」と認めてもらえることは、
子どもにとっては何よりも自尊心が高まることなのです。

完璧を求めなくていいの。
未熟で当たり前。
大人だってそうじゃないですか^^

本当はね、未熟と言うより、まだ隠れた力が目覚めていないだけです。
大人も、子どもも。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2010-12-12 14:09 | ◆ 子育て観

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る