少しずつ、少しずつ

突然ですが。

“おとこ”(男)の対義語は、なんだと思いますか?





……“おんな”と答えたでしょう?



違うんです。
“おとこ”に対になる言葉は、“おとめ”なんです。


上代の日本のお話に出てくる名前には、
男性は『~~彦(ひこ)』、女性は『~~媛(ひめ)』とありますよね。
また、『いらつこ』『いらつめ』という呼び方もあります。

“こ”は男を表し、“め”は女を表す音。

だから、“おとこ”の対義語は、厳密には“おとめ”なのです。



この知識は高校時代、古文の先生が授業で教えて下さいました。

とても印象深く、今でも鮮明に覚えているのですが、
その先生は数年前に、若くして光になられているのです。

私はそのことをmixiの母校のコミュニティーで見るまで知りませんでした。


遠く離れていることもあるけれど、実のところ私は人付き合いが苦手です。

特に女同士の“集団で仲良くする”のがよくわからなくて、自分からはほとんど関わらない。
(女子高なのに?(笑))

だから卒業後にコンタクトをとったクラスメイトはごくわずかだし、
同窓会や同級会にも出たことがありません。
多分、居場所が分からなくて招待状も送りようがないですね(^_^;)

人ごみも苦手で、独りでいるとホッとする時があります。

誰にも邪魔されずに一人で仕事に打ち込めると、非常に嬉しいんですよ(笑)。
それがたとえ草取りだろうと、データの打ち込みだろうと、文章を書くことだろうと。


でも、今こうして子だくさんなお母さんの人生を送っていて、
保護者会の会長なんかにもなっちゃって、
人と関わっていくことが必然になっています。

少しずつ、少しずつでいいんだからね^^


古文の先生の想い出から、ふとそんなことを思いました。






[PR]
by Miss-Lavendar | 2011-10-16 15:46 | ◆ 多感・雑感

ふと感じたこと、気づいたことをつぶやいています。


by Miss-Lavendar
プロフィールを見る